オリジナルのクリアファイル作成方法

学生・社会人問わずクリアファイルは日々使っているという方が多いアイテムです。

ノベルティや付録のクリアファイルを使用するのも良いのですが、毎日目にするものだからこそ自分のお気に入りのクリアファイルを作ってみてはいかがでしょうか。

1枚からでも発注できるところもありますので気軽に手にしていただけます。

自分の好きなものを詰め込む

自分だけのクリアファイルを作ってはみたいという方にオススメしたいデザインが「好きなもの」を詰め込むというものです。

好みのモチーフやアイテムさらには言葉や色合いなどを取り入れてみましょう。

モチーフをいくつか並べるだけでもオシャレな仕上がりになります。

手にしたときにワクワクするようなクリアファイルを使えば毎日の勉強や仕事が楽しくなるでしょう。

また、お子様のイラストをそのままクリアファイルのデザインにのせてみるのも思い出や記念になります。

少し大人っぽさを演出したいのであれば、パターンをつくってそれを並べていくのも男女問わずに使い勝手の良い仕上がりになるでしょう。

パターンの柄がシンプルであるほどにプロがデザインしたような印象をもたすこともできますし、飽きの来ないデザインにもつながります。

モチーフテーマを絞ってみる

グミやポップコーン、ビスケットといったモチーフテーマを組み合わせたり、思い切って和のお菓子モチーフを取り入れてみるというのも斬新で個性的です。

色合いを調整していくとまるで写真のような仕上がりにすることも可能でしょう。

見ると気分が上がる!そんなクリアファイルはなかなか市販では手にすることができないのでオススメです。

ペットを飼っている方や動物が好きな方はそれをモチーフに取り入れてみるというのも良いかもしれません。

例えば飼っている犬や猫・うさぎなどをモチーフに取り入れるという方法です。

目にするとふっと心が和らぐクリアファイルが出来上がります。

動物をモチーフにする場合、大きなイラストにしたりお気に入りの写真をそのままデザインするのも良いですし、あえて小さめのパターンにするのも素敵です。

背景にドットやボーダーを入れて間隔を少し空けて配置すれば落ち着いた雰囲気を演出することもできます。

徹底してオリジナルにこだわってみる

自分自身でロゴをデザインしたりイラストを描いたりと、徹底してオリジナルにこだわるのも満足できる仕上がりが期待できます。

一見して自分のものだと判別がつきやすいので実用的でもあるのです。

ロゴデザインなんてしたことないと不安に思われるかもしれませんが、専用のエディターが用意されている業者もありますし、メール対応などでスタッフがアドバイスをしてくれるというところもありますので初めての方でも問題はありません。

クリアファイルを作る魅力はどこにあるのか

さまざまなオリジナルグッズが作れる時代になりましたが、クリアファイルを作成する魅力はどこにあるのでしょうか。

第一には、自分が考える「こんなものがあったら良いな」を実現できるという点でしょう。

さらには、記念品としても作成できますから節目のタイミングで思い出代わりに作れます。

一般的にクリアファイルのサイズはA4が主流です。

キャンバスとして考えると大きなサイズ感ですから思い切り好きなものやメッセージを詰め込むことができるのも大きな魅力です。

さらには、実用性に優れているばかりではなく、耐久性もありますから水にも強く擦れてイラストが剥がれてしまうということもまずありません。

長く楽しんでいただけるのです。

クリアファイルの作成方法

作成方法は発注業者によって多少は異なりますが、大きく分けると2つのアプローチがあります。

まずは写真を印刷するという方法です。

お子様の成長を残すためや好きな風景やペットなどお気に入りの写真をそのままクリアファイル作成に取り入れるというものになります。

とても簡単な方法としてはデザイン画面から指定のファイルをアップロードするもので、全面にプリントされるのが一般的です。

加工済みの写真でも構いません。

もう1つはテンプレートから作成するという方法です。

細かなデザインが指定できるのが特徴で、文字の位置から大きささらにはフォントやスタンプなどこだわりのクリアファイルを作っていただけます。

お好みのデザインテンプレートをダウンロードしてそれに合わせてデザインを進めていくだけですから、難しい作業や手間は必要ありません。

いずれにおきましても、パソコンばかりではなくスマートフォンからでも申し込み作成ができる場合が大半です。

また、オモテ面・ウラ面それぞれをデザインしたり画像を指定できます。

デザインが決まればあとはクリアファイルのタイプを選択しましょう。

クリアタイプのものからホワイトタイプのものさらにはサイズ展開がなされていればお好みの大きさをチョイスしていただきます。

あとは必須項目に記入をし、発注を行うだけです。

クリアファイル作成時の注意点について

手軽で気軽に作成できるクリアファイルですが、あわせて注意点もおさえておきましょう。

イラストや画像を使う場合

著作権があるものや芸能人などの写真の二次利用などは厳禁です。

あくまでオリジナルのものであることを前提としましょう。

もしくは、フリー素材のものを利用するようにしてください。

フリー素材を利用する場合、商用利用は禁止としているものもありますのでもしノベルティとして配りたい・商用的な目的であるという場合には素材もとに確認を行うのが良いでしょう。

1枚からでも発注可能で対応もスピーディーな業者も増えていますが、逆にある程度の枚数を発注したいという場合には時間がかかる場合もありますので公式サイトにてあらかじめ確認と納得をしたうえで利用しましょう。

発注をキャンセルしたいときには

そしてキャンセルについても注意が必要です。

デザイン途中で発注をやめたいのであれば問題ないのですが、発注を完了してしまうとキャンセル不可となってしまいます。

文字入れは個人情報に注意

文字入れに関してですが、アドレスやIDもしくは名前などを取り入れたいという方にも対応は可能です。

しかしこれら個人情報の記載に関してはあくまで「自己責任」となりますので、判断は慎重に行うようにしましょう。

支払方法ははじめに確認を

支払方法は各業者が提示しているものから自分が支払いやすい方法を選択していただく形となるのですが、万が一入金が遅れてしまうと延滞料金がかかってしまったり別途料金が発生する可能性もありますのでくれぐれも注意してください。

払い忘れが不安だという方は前払いや自動引き落としやキャリア決済などを選択していただくのがオススメです。

まずは比較をしてみよう

クリアファイルを作成してくれる業者も今ではたくさんあります。

デザインから料金面など幅広く比較をしてみるのが満足できる作成にもつながるでしょう。

無料見積もりシステムがあればそれを活用するのも安心です。

実用的なものに小さなこだわりを

好きなわけでもないけれど何と無く使っているというクリアファイルではなく、やはりこだわりのものですと思いも気持ちも変わってくるものです。

毎日使うものだからこそ、小さなこだわりを詰め込んでみてはいかがでしょうか。

クリアファイルに入れたいものに合わせたデザインを作ってみるなどさまざまな楽しみ方をしていただけます。

また、保管としてや記念として残しておくのにもオススメのアイテムです。